[[[ こんぴら歌舞伎大芝居 ]]]

行っていいものかどうか悩みましたが・・・チケットを取っていただいたことでもあり、予定どおりに「こんぴら歌舞伎」を見に行ってきました001.gif
d0082980_2222390.jpg
羽田から高松空港へ飛び、金毘羅さま近くのホテル「琴参閣」へ荷物を置くと、名物さぬきうどんを食べるべくうどん屋さんへ。
注文したのは「なるとうどん」
わかめを入れる量を間違えたのっ!?005.gif って思ったくらいわかめがた~~~っぷり! 三陸のわかめと違って歯ごたえがありましたが、食べても減らないうどんさん037.gif わかめの塩分なのか、塩気がきつかったのがちょっとね008.gif でも、これで450円 (@_@) 
翌日は、もっとお安いさぬきうどんを食べたのですが・・・037.gif
d0082980_2293825.jpg金刀比羅宮には、学生時代に友達と来たことがあります。
そう!40年くらい前ですねぇーー(汗)
こんぴらさんというと、あの長い階段を連想していたのですが・・・
今回は、行きは山道?を上って行きました。
森林浴をしながら、桜や椿などのお花を楽しみ、綺麗に掃除してある道は上りの辛さなどみじんも感じずに進むことができました。

四国は、桜がもう終わったのかと思っていたのですが・・・
ちょっと散り始めてはいましたが、満開でした056.gif
まさか、またこちらでお花見ができるとは幸運なことです072.gif


途中で階段の参道と合流します。
参道も桜がキレイ056.gif
お天気の良い日で、暑くもなく、寒くもなく、汗をかかずにすみました。



最後の階段がキツイですよ~と言われましたが・・・
上を見ないで、階段を見ながら登っていくのが疲れないコツだそうです。
ずっと階段ばかりを上ってくるよりは楽に到着できました001.gif
参道の石段は本宮までは785段! だいぶ省略できました006.gif



金刀比羅宮の隣から見る景色は素晴らしい!
遠く、街並みや讃岐富士を見渡すことができます。

こんぴらさんは海の神様なのですが・・・家内安全を祈願029.gif

主祭神の名は大物主神 大国主命といえばうさぎ ということで、ミッフィーの絵馬が売られているのが、な~んか今風です003.gif

表書院で、円山応挙「鶴之間」「虎之間」「七賢の間」「上段之間」「山水之間」、邨田丹陵「富士一之間」「富士二之間」を一般公開しています。
説明付きで、ゆっくりと観てきました!

  3時からは、本命の「こんぴら歌舞伎」です。
d0082980_2352156.jpg

d0082980_2394937.jpg演目は・・・
  1、鈴ヶ森
  2、藤娘
  3、鯉つかみ
役者さんは、松本幸四郎 中村芝雀 市川染五郎 など。。。

旧金毘羅大芝居は金丸座とも呼ばれ、天保7年(1836年)参道近くに建てられた、現存する日本最古の芝居小屋。
桟敷席で、一か所に5人で座るので、正座をするか(私、できませ~ん^^;)横座りか体育座りです008.gif
800人ほどの収容なので、舞台が近いし、花道が横だったので、豪華な衣装としっかりと作ってあるお顔がよく見えました。
「鯉つかみ」は、宙吊りあり、早変わりあり、下から飛び出したりなど見せる舞台で、染五郎さんがかなり激しく演じていて見事でした。

舞台が終わったら057.gifで、傘もささずにホテルまで小走りで帰りましたが・・・
温泉に入った後は、お夕食038.gif
d0082980_23235612.jpg

凝った前菜から始まって・・・次から次に出るお食事はどれも美味しくて、さぬきうどんと一緒にきた鯛めしは、もうお腹いっぱいで手つかずでした。
右下のフルーツは、訳ありで・・・夕食後、お部屋に届けてくださった超豪華もんですっ!
このお宿、朝食はバイキングでしたが、どれも美味で本当にお食事がお薦めです029.gif
[PR]
トラックバックURL : http://hana1219.exblog.jp/tb/13383201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yrg00066 at 2011-04-15 23:06
いいな~!染五郎を近くで見るなんて、ちょっとファンです。
こんぴら歌舞伎 一度は見たいと思っているので羨ましいわ。
お料理も美味しそう!!!
Commented by nayu0905 at 2011-04-16 22:39
yrgさん
 こんぴら歌舞伎、確かに 一度は見た方がいいと思いました。
あの金丸座の雰囲気は独特だし、小さい小屋だからこそのパフォーマンスがいっぱいで楽しいですよ♪
染五郎のファンだとは知らなかった。。。(笑)
by nayu0905 | 2011-04-14 22:10 | ベル友 | Trackback | Comments(2)