All are always smiles

sss 滋賀県 長浜市 黒壁スクエア sss

エクシブ琵琶湖に泊まった翌日。。。
 どこに行こうか? 彦根城を見るか・・・長浜港から竹生島に行くか・・・
竹生島は、船で30分 島での滞在時間が70分と決まっていて、また港に戻ってくると2時間以上かかる
夫は、長浜城に行きたいと・・・

米原駅から電車で10分で長浜駅へ。。。改札口のそばにある観光案内所で「長浜まち歩きMAP」をもらい、説明を受ける。長浜城の他に、お勧めの場所を パッパッパッと丸をしていき・・・「長浜浪漫パスポート」を勧められた029.gif 5ヶ所を観ることができて、1000円! どこも、300円とか、500円するのでお得ですね006.gif
d0082980_20115815.jpg

長浜城歴史博物館
浅井長政滅亡後、浅井氏の領国の大部分を与えられ、天正2年に築城を開始したのが長浜城。
現在の城は、昭和58年に再興され、市立長浜城歴史博物館となっている。
浅井長政のこと、お市のこと、三人の娘のこと、秀吉のこと 色々とわかって面白い!
長浜が栄えたのは、秀吉のおかげと 市民は感謝しているのだとか~
d0082980_20233074.jpg

城の後ろの公園 ちょっと小高くなっているところに、秀吉の像が立っていました。。。わざわざ、見に行く人もいなさそうでしたけど~037.gif
d0082980_20252836.jpg

そして、すぐそばに 琵琶湖があるんですねぇ~ 琵琶湖の船運を考えて、築城したというのがうなずけました。 公園になっているので、人がチラホラといました。

次に行ったのは、「慶雲館」 (国指定名勝)
d0082980_20292399.jpg

d0082980_20295011.jpg
明治19年に、明治天皇皇后両陛下が 長浜に上陸されるというので、豪商の浅見又蔵が私財を投じて、建設したのがこの慶雲館なのだとか。。。
総檜造り、寄せ棟造り
建設費は、当時としては破格の1万円!
2Fには、玉座が設けられていました。。。
今は、見えませんが 当時は この2Fから 琵琶湖と伊吹山を眺めることができたそうですから 明治天皇は喜ばれたことでしょう。

 ← 正門を入ると、すぐ右にあるのが この巨大な石灯籠
高さ5メートル、20トンの(推定)灯篭
大津市から、琵琶湖を船で運んできたとは! 船が沈没しないんでしょうか???

浅見又蔵さんは、この建物だけではなく 地域の発展にも貢献したということですから、お金持ちはそれじゃなくちゃ!と、平民は思った次第です(≧∇≦)ノ彡 バンバン!

庭園は、2代目の又蔵さんが造ったそうです。

d0082980_20451622.jpg

d0082980_20455368.jpg

ほんのりと色づいていた紅葉。。。

 慶雲館で働いていたおばさんが、「彦根には、行きましかた?」と聞くので、「行ってないです」と言うと、嬉しそうに「長浜にいらしたんですね」と・・・彦根と張り合っているんかいな? と、勘ぐってしまいましたヾ(>▽<)o

お勧めの所は、5ヶ所以上あって・・・どこに行こうかと? 歩いていて 「安藤家」で足が止まりました。
d0082980_205119100.jpg
北大路魯山人が滞在していた・・・というのに、心惹かれ・・・

安藤家は、長浜の自治を委ねる「十人衆」の一つで、秀吉とも関係があったのだとか~
明治38年に建てられた 近代和風建築で 豪商の名残りが感じられますが、家族の部屋は一般家庭風でした。

北大路魯山人に頼んだ 九尺の一枚板に彫られた篆刻看板 「呉服」が、見事です
d0082980_20595494.jpg

この日は、離れの「小蘭亭」も見ることができました(プラス100円)
撮影禁止なので、写真はありませんが・・・芸術家ぁーー!と感じさせられる 天井絵、襖、扉など
書家、篆刻で有名な魯山人の絵?独特の色使い、思い切りのいい描き方に感服して、入ったかいがあると思いましたねぇ~( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!
保存していくのが大変なようですが、(見学者が少ないし~)残していってもらいたいです。

このあたりで、足が疲れて・・・喉が渇いて・・・目に付いた「文福茶屋」に~ 
コーヒーと文福餅を。。。
d0082980_2184582.jpg

コーヒーは、機械で入れたものなので それなりですが、お餅は 甘さ控えめで プリプリしていて美味しかったです。接客が明るくて、感じがいいです~

夫が行きたがっていた「大通寺(だいつうじ)
d0082980_21145435.jpg

湖北三郡の真宗寺院の中核、「長浜の御坊(ごぼう)さん」と呼ばれているのが 大通寺です。
本堂では、ちょうど法話?の最中でしたが・・・見学するところは、大広間のようなところで 薄暗く 古く、襖絵は立派で、重要文化財なのだとか~
d0082980_22542426.jpg

 ↑ こちらは、井伊直弼の7人目の娘 砂千代が 大通寺10代目の住職に嫁いだ時に乗ってきたもの。
外側がビロード、中には、鳥や花が描かれている見事な籠。
井伊直弼が暗殺された時に、砂千代は4歳だったそうで、16歳で嫁いだ時に こんな豪華な支度ができるとは・・・大昔のことに思いを馳せてしまいましたヽ(^。^)ノ

5ヶ所目は・・・「曳山博物館
d0082980_2181487.jpg
外見は、パッとしないので・・・入るのをためらったのですが・・・

中には、長浜曳山祭りに出る 本物の曳山(山車)を展示してあり、ビデオで曳山祭りの様子も観られて、知らないお祭りだっただけに面白かったです029.gif
秀吉が、長浜を治めた時から始まったという 古いお祭りで、子供狂言が披露されるというのが、珍しいですっ!

d0082980_21204041.jpg
タイトルの「黒壁スクエア」は・・・長浜市の観光スポットとなっているようですが・・・たいして期待もしないで、5つの場所を巡る途中に通ったのですが・・・
意外や、かなりの規模でした! 古い街並をそのままに生かして、それぞれのお店が工夫して観光地として作り上げたって感じで、黒く壁を塗ったようなお店もありました。。。

買い物好きな夫と一緒なので・・・「あゆのきむら」で 小鮎の佃煮や、お豆と超小鮎の煮たものを購入
これは、味がそこまで濃くなくて、こんな小さい鮎があるんだぁ~とまるごと食べる鮎に感動しちゃいました。
お漬物の「たなか」で買った エリンギと牛蒡の佃煮は、エリンギだけしてまだ食べていませんが・・・エリンギがとっても大きくて 味は漬物だけあって わが家には濃い目ですが 素材が国産で柔らかくて美味でした。
このスクエアのどこかで買った サツマイモ(鳴門金時)は、オーブントースターで焼いて食べたら とっても甘くて美味しい!
油全般を扱う 「油甚」では、今流行りの こめ油としそ油を購入! 価格も関東よりも安いと思いました。

「ごまの蔵」で買った 練りゴマは、今ひとつ ねっとり感がなくて 混ぜ物があるような・・これは×でしたね。
駅よりの、近江牛を使ったカレーパン 確か420円くらいしたと思うのですが・・・サイズは大きめでしたが、牛肉はちょっぴりで、価格に合わないな~と。。。

がっかりの品もありましたが・・・お土産の重いのも、夫と一緒だと苦にならず・・・037.gif

一泊だけでしたが、とりあえずの記念日となったかな~σ(*´∀`*)えへへ
[PR]
by nayu0905 | 2015-10-30 21:06 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hana1219.exblog.jp/tb/22394502
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by YRG00066 at 2015-11-08 21:02
良い旅行だったようですね。
流石にルビー婚!!!おめでとうございます。
Commented by nayu0905 at 2016-02-26 10:59
YRGさん
 実は、夫婦二人旅って少ないんです(苦笑)
それぞれ見たい場所って違ったりするしね・・・でも、今回は私が合わせたので上手くいきましたっ^^v
<< さいたま市岩槻区 桜茶屋 ☆☆  ルビー婚 (結婚40周... >>