All are always smiles

<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

地元でランチ

川口市にあるお店 「とうきちろう」にランチに行きましたっ001.gif

お店の作りが変わっていました。。。ちょっと、そこだけ雰囲気が違う。。。和の趣
店内も階段を上って、右と左に分かれている
すこ~し個室の雰囲気です。
d0082980_22445192.jpg

お料理は和食。 メニュー的には、私でも作れるじゃん! とは、思うけど、やっぱり味付けはプロですね。 こんな良い味は出せません。
冷奴の上には玉ねぎと紫玉ねぎのスライス タレは、お酢が効いていて、わさびも入っているような・・・
二の膳は、なが~いプレートの上に、5つのお料理が少しずつ
ご飯も五目御飯で、どれも店主の気持ちがこもっていました。
[PR]

小田和正 コンサート in 代々木

d0082980_9243679.jpg8月10日、小田和正さんのコンサートに行ってきましたっ060.gif060.gif060.gif

チケットが取れないことで有名なアーティストで、友達がFCに入っていて、9月の東京ドームに行くから、8月は譲ってくれるというのでチャンス!!とばかりに行ってまいりました。

代々木体育館は去年7月にリュ・シウォンさんのファイナルで行った以来です006.gif
ステージが奥ではなくて、アリーナ北側の真ん中だったのにはびっくり!
南A席だったので、結果的に斜め正面となって、見やすかったです (o^∀^o)
でも、モニターがあるとはいえ、北側にびっしりと座っていた観客さん達は後ろ向きばかりで、つまらなかったのでは? それだけ、人気!ということなんでしょうが・・・
d0082980_9313016.jpg
あの澄んだ、伸びやかな声を生で聴いて、素晴らしかったぁー!!!
歌詞のテロップがモニターで流れるので、ちゃんと覚えていない曲でもジーンときちゃいます007.gif
MCが少ないんですね008.gif 前半はまだ少しあったけど、後半は、次から次へと歌いっぱなし! お水も飲まないで、変わらない声が出るなんて、日頃の鍛錬なのか? 天性のものなのか?感動しきりでした。
でも、場内は暑いんですぅー (人が多すぎる上に、空調がイマイチ?) 歌と歌の合間に扇子でパタパタと仰いで涼をとるけど・・・まさか、歌ってくださっている時にパタパタは失礼かと・・・でも、すぐに歌に入るのでぇー002.gif 暑かったよぉ~
d0082980_9385951.jpg
63才のお年で、花道を走る! また、走る! それでも、ハァーハァーなんて言わないし、ちゃんとフツーに歌えちゃうのは、休憩の時に流れていた映像でも「日々、鍛えなくては。。。」の言葉どおりに、鍛えていらっしゃるんでしょうねぇー 私もプロじゃないけど、「日々、自分、努力しろっ!」と思いました017.gif

会場には、若い方が多いのにもびっくり! それと、小田和正さんと同年代のオジサマ、オバサマも・・・ 
アリーナ席に下り、さらに観客に近寄って、マイクを向ける、もちろん!ちゃんと一生懸命に歌うオジサマの姿がモニターに映ると、思わずニタニタしちゃいます037.gif

アンコールは4回! 最後はヨロッ~としている場面もあって008.gif、6時半に始まったコンサは、10時少し前まで続いて、そのパワーにさらに感動しましたっ

単独アーティスト史上最年長記録の東京ドームまで、さらに地方公演が続くのでしょうか?
美しい歌声に癒された時間でした。。。 ガンバレェーーー!!!

コンサが始まる前に入って、腹ごしらえをしたレストラン 「ブルーガーデン」竹下通りから少し入ったところにありましたが、ナカナカ雰囲気の良いお店でした。
[PR]

*** 仙台七夕まつり ***

8月7日、水沢温泉 「ホテル タザワ」9時半出発ぅーー 田沢湖へ。。。
d0082980_22113324.jpg
たつこ像   永遠の若さと美貌を願い、湖神となったと伝えられる、伝説の美少女たつこ姫のブロンズ像です。

バスガイドさんのお話では、類まれなる美貌の持ち主辰子が、永遠の若さと美貌を願って泉の水を飲んだけれど、飲んでも飲んでも喉が渇いて、飲み続けていたら竜になったとかで・・・こんなはずじゃなかったと湖に沈み、主になったという話でしたが・・・

そんな話を聞いたせいか、ちょっと悲しげな雰囲気がありました。

田沢湖の透明度は2位だそうで、水深は日本一とかっ!
岸辺からは、そんな感じは受けなかったけれど・・・
d0082980_2218340.jpg

次に向かったのが「角館
d0082980_22251224.jpg
桜が綺麗と聞いたことがあったけど、来たのは初めて。

城下町のたたずまいを感じさせる武家屋敷 青柳家
ここだけを見学。。。 上級武士だったことがよくわかる。

小豆の粉で作った 生もろこしや かりんとうをお土産に購入
一時間の見学時間は短すぎて、またゆっくりと来てみたい場所でした。
d0082980_22344445.jpg
お昼は、バス内で食べる 鶏飯弁当

この鶏飯が、鶏の味がしっかりとご飯にでていて美味しかったですっ029.gif

今回の旅は、食事はどれも土地の名物を選んであって、それなりに美味だったのが良かったですね。

さて、お目当ての「仙台七夕まつり」会場に到着っ!
金賞
d0082980_22394844.jpg

銀賞
d0082980_2240755.jpg

特別賞
d0082980_22402619.jpg

30年前くらいに、見に来たことがあるのですが・・・
七夕飾りが長くなって、大きくなっているのにびっくり!
歩いていると、七夕飾りにぶつかります008.gif 前から来る人が見えないので、ちょっと危ないかな。
仙台の七夕飾りは、本物の竹を使っていることと、100%和紙を使用していることが特徴だそうです。今年は300本が飾られているとかで、どこまで行ってもお飾りがあってスゴイ!の一言。
地震の復興を願う飾りなども多かったかな。

人の多さと、アーケード内でお店の冷房が多少あるものの、暑いっε=ε=┏( ・_・)┛
バスの待ち合わせ時間まで、「平田牧場」で休憩068.gif
ウインナ付きの生ビールがことのほか美味しく感じられましたぁーー003.gif

東北地方に少しでもお金を落とせたら・・・という思いもあって選んだ今回の旅。
お祭りだけでなく、観光地のプラス&もあって、十二分に楽しませてもらいました
.。 !☆。.*☆.::。.・'゜☆* .。 !☆。.*☆.::。.・'゜☆* .。 !☆。.*☆.::。.・'゜☆* .。 。.*☆.::。.・'゜☆* !☆。.*☆.::。.・'゜☆* .。 。
[PR]

***  秋田竿燈まつり ***

8月6日 十和田湖畔の「ホテル 十和田荘」を9時半に出発して、まずは十和田湖へ。。。
d0082980_2233013.jpg

d0082980_22332018.jpg
湖畔に立つ、高村光太郎作の「乙女の像」
乙女の顔は高村智恵子といわれる。夫で彫刻家・詩人の高村光太郎が、最晩年の70歳、四半世紀ぶりに刻んだ最後の彫刻であった。

ガイドさんの説明によると。。。像を見る人が、どの方向から見ても、自分の方を見ているように感じられるようにしたために、目玉がないのだとか。。。

十和田湖は、透明度が3位 もちろん!一位は北海道の摩周湖だ。
周囲 44キロの湖は穏やかにたたずんでいた。

お次は、車窓からの奥入瀬渓流右に左にと顔を向けて、それぞれに名前のついた滝を見ていく
d0082980_2253072.jpg

d0082980_22531772.jpg

20才のころ、この奥入瀬渓流をずっと歩いたことがあったけど・・・今も、あの時のままの姿と思えるような、心に響く景色038.gif 自然って、ほんとうに心が洗われるわ。。。
d0082980_22574125.jpg
昼食は、黒石つゆ焼きそば付 和食膳

体育館のような津軽伝承工芸館の一室で、長テーブルにズラーーっと並べてあるお膳

つゆ焼きそばは干からびてしまったようで(写真右奥)、味には期待しなかったのだけど、意外と美味しい! 焼きそばというよりは、黒い細切りうどんのようだったけど。

早めのホテルでのバイキング夕食の後に、竿燈を見るための桟敷席に案内される。
今度は、階段になっているので、足が楽。 道路の真ん中にある最上階の席は、前も後ろも竿燈の様子が見えておいしい席037.gif
d0082980_2353972.jpg

提灯が灯って、入場がはじまると思わず拍手! ずーーーっと続く光の行進
d0082980_2395877.jpg

笛の合図で、竿燈が持ち上げられるのは圧巻! スゴイ!としかいいようがない。
d0082980_23114067.jpg
どうしてこんなことができるんだろ? と不思議? 重くないの? 
あの長ーーい提灯をおでこで支えている。。。

疲れたかな?と思うと、サッと次の人に交代するのもさりげない。

d0082980_23152081.jpg
肩にのせたり。。。
腰にのせたり、平手にのせたり、空いた両手に扇子を持ってゆっくりと振ったりと、もう!感激しちゃう場面ばかり。

それが、大人だけでなく、高校生、中学生、小学生、はては幼稚園生?までやるのだから、これはずっと廃れることなく続いていって欲しいなと思う伝統芸。

竿を次次に足していくと、さらにバランスを取るのが難しそうで、倒れそうになることも~
うわーっ!と声を出して、片手をあげる ←何の意味もない行動  (;^◇^;)ゝ
「どっこいしょ!」と観客席の私たちも声を出して、応援の気持ちをこめる。。。

秋田竿燈まつり・・・お薦めします! 必見です!

桟敷席から30分以上歩いてバスへ・・・また、深夜のホテル着でしたっ006.gif
[PR]

*** 青森ねぶた ***

8月5日~7日まで。。。ベル友メンバーと 「青森ねぶた・秋田竿燈・仙台七夕 東北三大祭り3日間」に行ってきましたっ!!!
東京8時過ぎの新幹線で、盛岡に着いたのは正午近く。。。

市内で「ひっつみ御膳」のお昼~d0082980_9281338.jpg
ひっつみって、関東でいうところのすいとんみたいなもので・・・それが、平べったくなっているのがお汁に入っています。 見た目よりも、どれも美味しかったっ!
ちょっと離れたテーブルでは、家族連れが「わんこそば」を食べていました。
お椀をかかげておくと・・・どんどん、お蕎麦を入れていく・・・かなりの量を食べていましたっ037.gif 一度、食べてみたいな。

ねぶたの前に「三内丸山遺跡」観光d0082980_9324890.jpg
野球場を作ろうと思って、見つかった遺跡だとか。。。
ボランティアガイドさんに案内していただきましたが・・・青森といえども暑い008.gif
まあ、関東よりはマシ~と炎天下を歩きましたっ029.gif

平成4年から始まった発掘調査で、縄文時代前期~中期の大規模な集落跡が見つかったとか・・・
たくさんの竪穴住居跡 大人や子供のお墓、土器、石器が出土したそうです。
d0082980_9341081.jpg

d0082980_9401495.jpg

d0082980_9404691.jpg
こちらは、三内丸山遺跡のパンフレットに良く使われている大型掘立柱建物を復元したもの。

何に使われていたのかは不明ですが、予測するには・・・昔は この近くまでが海だったそうで、灯台のような監視をしたりするための建物なのでは?ということでした。

穴を調べると、どのくらいの重さの、高さの柱が立っていたのかが科学的にわかるそうです。

平成7年から遺跡の整備と公開を行って、当初はすごい人出だったそうですが、今は観光客の数は減っているとガイドさんが苦笑していらっしゃいました。
もう少し、ゆっくりと観てみたい場所でした。。。

夕方、「青森ねぶ」たの会場へ
d0082980_9485090.jpg道路の両脇に、こんな桟敷席が作られています。階段を上って、高さ2メートルくらいの場所から、道路を見下ろす格好です。
ゴザの上には、テープでしきりがしてあって、各ツアーが陣取っていました。
例年、45名の場所に、今年は33名と少ないそうで、やはり震災の影響でお客さんが減っているそうです。 そういえば、外国人の姿をあまり見かけませんでした007.gif

お祭りが始める前に、この席でお弁当の夕食。
d0082980_9532098.jpg

器が立派なわりには、おかずが・・・と、思いましたけど、こちらも見かけよりは味が良かったです001.gif
はい! もちろん!コンビニで買った068.gifを片手に~037.gif
幸せなひととき。。。

さすがに東北です。日が沈みだすと涼しくて、熱帯夜のような蒸し暑さがなくてお祭りが楽しめました。

午後7時過ぎから、大型ねぶたの合同運行が始まります。。。
d0082980_9595474.jpg

d0082980_1001593.jpg

d0082980_1003188.jpg

d0082980_1004642.jpg

d0082980_101678.jpg

各企業が工夫を凝らしたねぶたが、広い通りを右に~左に~ 時にはクルリと回ったりして、お囃子の音がムードを盛り上げて、正装したハネトがたくさん後に続きます。
「ラセラセラセラ~」の掛け声は、私たち観客も声を出して、一体化となっていく心地良さ。
ツーケンケンのような、独特の跳ね方は見ている方は楽しいけど、疲れそうですね。
頑張れ~の気持ちを込めて、「ラセラセラセラ~」と大声を出しました。

一度は見てみたかった、青森ねぶたでしたので、大満足! 夜中にホテル着でした。
[PR]

近所の友達宅で 暑気払い!

d0082980_1021261.jpg
夏の暑い夜、一人暮らしの友人宅に7人が集まる。

一人一品持ち寄りの暑気払い049.gif

今回のメインは、手作り餃子!
美味しいからとリクエストがあったけど、Mさんは忙しくて。。。具だけを作ったのを持ってきてくれたので、早めに行った二人で包む。 すぐに焼いて。。。
これが、とっても美味しかった003.gif

食卓をよくみると、みんな自分の得意料理。
ポテトサラダ、棒棒鶏、夏だからきゅうりやナスが多い037.gif
手作りの味噌で食べるキュウリ、お漬物など。。。

商売柄、美味しい牛肉が手に入るTさんは、今回も柔らかい深谷牛を焼いてきてくれた

自宅提供のOさんは、お得意の卵焼きとお赤飯

私はといえば・・・「彩り野菜の香りソースかけ」なるものを作ったのだが~ちょっとゴーヤチャンプルに似ているお料理。
別に珍しくもないものだけど・・・私にみんなが求めているのが、ちょっと変わった料理なので、どうしても毎回試行錯誤してしまう008.gif
みんなのように、得意料理があればいいんだけど・・・これ!っていうのを作るまで、まだまだ頑張るぞぉーと思ったのですが。

美味しいたっくさん!のお料理に068.gif。 夏の夜はおしゃべりがはずんで・・・近所で帰るのも楽!ということもあって、お開きは深夜2時近くでしたっ006.gif
[PR]